千葉市 船橋市 精神科 心療内科 北林医院分院

質問集

一日中寝てばかりいるんですが、こんなことで治るんでしょうか?

鬱状態の場合、治療法は薬物療法と休養を確保することの二本立てになります。寝れば寝ただけ回復が早いと断言しましょう。もし入院したら一日中ベッドで安静にしているように指示されるはずです。同じことを家でしているとお考えください。何度も繰り返しますが鬱は怠け病ではないのです。したがって病気を治すためには這ってでも気力でなんとか活動すればいいだろう、という精神論では片付かないのです。(精神論でなんとかなるなら、そもそも私どもの門を叩かないはずです)。寝ることも立派な治療のひとつです。

ときに、気分転換に(旅行をはじめとする)外出に連れて行っていいですか?ときかれることもありますが、病状が不安定な間は、良かれと思った連れ出しが疲労を招き、結果的に病状の悪化と遷延を招きがちです。あるいは散歩ぐらいさせないと、体がなまる、と意見される方もいますが、これも病状次第でして、状態の悪いときにはいっそう症状の悪化を来たすこともありえます。寝る、ことほど治療に役立つ行為はありません。自信を持って食う寝る食う寝る、とやってください。

先日患者さんの夫が見えて「うちのは先生に言われたから、とか言って、本当に一日中寝ているんですよ。これじゃ妻としての役目を果たしていないし、何の役にも立たないですよ」と放言されました。困っただんなさんです。病気で「できない」のだから、仕方がないのです。「うちのだんなには理解してもらえないし、怠けていると思われるのもしゃくだから、はってでも家事をしていたんです」と涙ながらに訴える奥さんの顔を思い出しました。
ご家庭で安静を保てない場合は、実家に避難するなり病院に入院するなり、別の対策を考えるのも一手です。

質問集TOPに戻る