千葉市 船橋市 精神科 心療内科 北林医院分院

抗不安薬

安定剤、マイナートランキライザーなどと一般に呼ばれている薬です。

主な作用には、

不安感を和らげる
眠気を催す⇒
特に眠気の強いものは睡眠導入剤としても使用可能
筋肉の弛緩作用⇒
肩こりや頭痛など、筋肉が過剰に緊張したために起きている症状は多少軽減する

といったものがあります。これらの作用が過剰にでたものが副作用でねむけ、ふらつきまた薬によっては、食欲不振、便秘、口の渇きがでるものもあります。

抗不安薬としては次のようなものがあります。どれを選択するかは、どのような症状を改善したいのか、どの程度までの副作用なら我慢できるか、薬の作用している時間、といった個々のケースに求められる状況により微妙に変わります。
ソラナックス、デパス、リーゼ、セルシン、レキソタン、ワイパックス、セディール等

また睡眠導入剤として使用しているものは、

 超短時間型(2時間):マイスリー
 短時間作用性(3-4時間程度のもの):アモバン、ルネスタ、レンドルミン
 中時間作用性(6-8時間):サイレース、ベンザリン
 長時間作用性(8時間以上):ユーロジン、ソメリン、ダルメートなど

です。一般に短時間作用性のものは、服用後比較的速やかに入眠できる、一方長時間作用性のものは熟睡できる、といった特徴があります。したがって早く寝てかつじっくり寝たい、という場合には両方の薬を併用することになります。
ベンゾジアゼピンではありませんが、メラトニンという睡眠をつかさどるホルモンを調節することで睡眠の効果を得やすくするロゼレムという薬、覚醒と睡眠に関与する脳内神経物質であるオレキシンに作用するベルソムラも発売されました。
朝残る、という声を10人に一人聞くことがあります。